レビュー「Final Fantasy XIII」 96点

  • 2009/12/27(日) 03:24:26




だいぶ前ですがクリアしました。
久々にやり応えのある面白いゲームでした。
とりあえずクリア時点でのレビューをしてみたいと思います。
ちょっと長いかもしれません。

シナリオ 23/25

序盤はよくわからない単語が飛び交って理解しづらいですが、
後半になるにつれ理解してきて、どんどん盛り上がってきます。
ラストも気持ちよく終わっていて良かったですね。

段階的に話が明らかになっていくので理解しやすく、個人的にはかなり楽しかった。
でも専門用語のオンパレードなので、好き嫌いはかなり分かれそうな感じです。
全体的に10に似てる気がするので、10好きであれば楽しめるかも。
メニューで話の流れや用語解説を見ることができるので、それを見ながら進めるとわかりやすい。
後半までほぼ一本道なので、シナリオに興味を持てないと途中で飽きてしまうかもしれません。

不満としては、終盤で起こったイベント後一度も出てこなかったあいつは結局どうなったんだとか、
あれを守るために戦ってたのに結局あれを倒しちゃったのはなんで?とか
終盤近くになってからいろいろと飛ばし飛ばしの展開になっていたのが残念。
終わり方はいいけど、全部まとめきれていない感じでした。
インターナショナルで全てが明らかに…とかはやめてくださいよスクエニさん!



グラフィック 25/25

当然ながら素晴らしいグラフィック。
イベントシーンも、それ以外でもかなり綺麗で、まさに次世代のFFといった感じ。
序盤の波が凍っていくシーンと、後半に行くことになるグラン=パルスは圧巻の一言。
イベントシーンの雨の表現も、かなりリアルな表現で凄かった。
家電量販店の大型液晶テレビでFF13のデモシーンが流れていましたが、
マジで衝撃を受けた。これは絶対にフルHDのHDMIでプレイして欲しい。
僕はいつもPV4のプレビュー画面でプレイしているのですが、
今回ばかりは本当にHDMIでプレイしたいと思わせるほど違いが出ます。

まあ結局HDMIでプレイしませんでしたけど。

セーブデータ読み込み後のロード以外はそこそこ快適にプレイできました。
インストールなしなのにかなり頑張ってる感じです。
プリレンダムービーは思ったよりも少なく、それでもプリレンダと錯覚するくらいのイベントシーンがちらほらありました。

プレイ中にティアリングがかなり目立つのと、NPCキャラがちょっとしょぼかったのが残念。
不満はあるが満点。


サウンド 25/25

これまた素晴らしい。素晴らしすぎる。
今までのFFシリーズも素晴らしかったですが、
歌詞付きの曲が普通にBGMとして使われているところが結構あって、
スクエニサウンドの本気を見た感じです。

大概ゲームでバトル曲以外にいいと思う曲は結構少なかったのですが、
今作はどの曲をとっても素晴らしく、かつ印象に残ります。
文句なしの満点です。もっとあげてもいいくらい。

ボイスはちょっと浮いてる声優が一部いますが、全体的に良くできてると思います。
サッズの中の人がいいキャラを演じていて、一番うまい。
全編フルボイスなのも良いですね。


システム 23/25

戦闘が飽きない上、ボス戦がかなり熱い。
FFX-2の戦闘を更に進化させたような感じで、
非常に好みに合った戦闘になっています。

ユーザーが一つ一つ適切な技を選ぶ必要がなく、
その時最適な技を選択してくれるのはかなりいい。

オプティマシステムは画期的なシステムで、
戦況によってキャラをどんな役割にするかを瞬時に切り替えられるので、
どう切り替えてどう攻めていくかを考えるのが面白い。
単純な作戦変更ではなく、リアルタイムにジョブチェンジしてる感じ。
役割を全く変えることができるので、戦略の幅が広がります。

AIも敵味方ともに優秀で、弱点が判明すればそこを突いた攻撃をするし、
弱体や強化魔法も敵によって優先する魔法を変えてくれたりする。
ただリーダー以外は操作できないので、今回のシステムと相まって
自分で直接指示したい人には向かない仕様になっています。

敵はエンハンサーヤジャマーなど、敵にとって一番邪魔で倒しやすい存在を
優先的に狙ってきている感じがします。
もちろん敵によってどういう動きをするのか変わってきますが…
なので、ディフェンサーの役割が結構重要になってて、
そこらへんを考えて戦闘をするのも面白い。

成長要素であるクリスタリウムは、ビジュアル性を重視しているのか
操作性もカメラワークも悪く、かなり見づらかったです。
どのオプティマを成長させるかを選べるのは良かったんですが、
結局アビリティ以外はほとんど能力アップばかりなので、
あまり特徴が出せないシステムで残念でした。

不満としては、戦闘バランスが結構シビアで、一回の戦闘が長引く事と、
戦闘中のキャラ移動ができない事。

後半になればなるほど敵が強くなり、結果的に戦闘が長引いてしまうのは
かなりめんどくさかったです。
何分もかかるような強い敵は大きいのだけにして、
その他はもうちょっと弱めに設定してくれたほうが楽しめたと思います。

キャラ移動に関しては、コマンド戦闘故なのかわかりませんが、
範囲攻撃が多いのにもかかわらず、自由に移動できないのがきつい。
状況しだいでは範囲攻撃の届かない位置まで動いてたりするのに、
結局もとの位置に戻ろうとしてしまうのが残念でした。
移動する方法にもよりますが、ここらへんはうまく作ってほしかった。

他にはカメラワークが若干悪かったり、敵を浮かした後のジャンプ攻撃で
位置の判定がおかしくて空振りしまくってたり、
ターゲットしてる敵以外の体力や弱体効果が見れないのが残念でした。
ちょっと不満も多いのですが、戦闘自体はとても魅力的で楽しめます。


総評としては、次世代機にふさわしい出来になっていると思います。
感動できるシナリオ、最高のグラフィック、高品質な音楽、白熱する戦闘。
どれをとっても長く待った価値のあるレベルになっています。
不満はポツポツと残りますが、完璧なゲームは存在しませんし、
ここまで仕上げられたのは本当に素晴らしい仕事をしていると感じます。
好き嫌いは分かれそうな気がしますが、僕にとっては最高のRPGの一つとなりました。

評価項目点数
シナリオ23/25
グラフィック25/25
サウンド25/25
システム23/25

96/100点 

タイトル:Final Fantasy XIII
機種:PS3
ジャンル:RPG
発売日:2009年12月17日(木)
希望小売価格:9,240円
プレイ人数:1人


公式サイト:
FINAL FANTASY XIII
http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13/


販売元:
SQUARE ENIX
http://www.square-enix.com/jp/


開発元:
SQUARE ENIX
http://www.square-enix.com/jp/


おまけ:プレゼントを配り終わったコクーンサンタ


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する