レビュー「闘真伝」 34点

  • 2009/12/15(火) 01:20:49



3回も言わなくてよろしい!

というわけで、何かと話題のタカラトミーの最新作、

闘真伝のレビューをしようと思います。

シナリオ 7/25

面白いです。厨二病的な意味で。
まったくひねりがなく、その場の思いつきで書いているようなレベル。
同じ意味の文章を何度も繰り返したり、
「…」を多用したり、
お前には渡せないと言ったばかりなのに、譲ってくれの一言で快諾したり、
主人公の後を追いかけていったはずなのにその後全くストーリーに登場しなかったり、
最高の親友(1週間前に出会ったばかり)が真でも、「あばよ…」の一言で済ませたり、
俺たちの旅はまだはじまったばかりだENDだったり、
今の時代にここまで素晴らしいお話を書ける人は貴重な存在だと思います。
大切にしていきたいですね。

格闘ゲームのストーリーモードって大抵各キャラのストーリーモードがあるものだと思ってたんですが、これはひとつしかないようです。他のキャラは対戦でしか使用できません。
あとどうでもいいところでどうでもいいムービー流すのはどうかと思います。
それと、漢字にルビがふってあるんですが、漢字の読めないようなお子様は絶対に買わないと思う。



グラフィック 6/25

超ジャギジャギ。
キャラ自体は悪くないのですが、それ以外ほめるところは皆無。
バトルパート以外はプリレンダか2Dの立ち絵で全て話が進むので、
操作できるポリゴンモデルよりもプリレンダムービーを見る機会のほうが多い。
バトル用のしか用意してないからそうなったんだろうけど、今時プリレンダのほうが多いのは珍しいですね。
で、そのプリレンダムービーのクオリティはというと、誰もが認める最低レベル。
モデリングは多少見れる感じですが、エフェクトとか背景とかモーションとか、わざとやってるとしか思えないくらいにしょぼい。
一番見ることになる会話パートもSFCかと思うくらいのしょっぼい背景だし、
さらには文字のフォントすら汚い。たまに文字がチラつくのもうざい。
まさに最低品質。そこらの同人ゲームにすら劣る。

サウンド 12/25

まずBGMがしょぼい上にでかい。ボイスが聞こえない。
オプションで音量をいじれるのでまあいいんですけど、標準であの音量はどうかと思うよマジで…
会話パートはフルボイスでがんばってる感じ。
ただ、AKB48とかSKEなんとかっていうのが当ててる声が小学生の音読に匹敵する棒読みっぷりで、むしろないほうがよかった。殴りたい。
いかにもな層にかわせるために起用したんだと思いますが、初日1100本らしいので、
思惑がはずれてざまぁと言ってやりたい。あと殴りたい。

システム 9/25

さすがに格ゲー的な何かをいくつも作っているドリームファクトリーなだけあって、遊べないというレベルではなかった。
しかしながら、底が浅く、一歩間違えると超絶クソゲー化するギリギリなクオリティになっています。
技数が少なすぎる上に全てが弱・強攻撃の組み合わせだけなのは物足りない。
ゲームの特徴として、コンボエディットで好きなコンボが作れる!というものがあるけど、
結局最初からあるコンボで事が足りてしまうため、あまり意味を感じない。
次の行動へ移るレスポンスが悪いため、攻撃で相手をダウンできないと必ず反撃コンボを食らう。

AIは単純で、連続で攻撃すると必ずガードし、コンボが終わってガード不可状態になると即反撃してきたり、ちょっと距離をあけてこっちに向かってきたところを攻撃すると必ず当てることができたりと、パターンが決まっている。
イージーやノーマルだと回り込んで即攻撃というパターンハメができるのでつまらない。
逆にハードではハメが通用せず、攻撃力が上がっている上に攻撃が容赦ないので、ちょっとでもミスをすると確実にボコられる。
決して無理といえるレベルではないが、非常に強い。まさにハード。
アームブレイクという相手の武器を破壊できる技を当てると、敵が武器を再装備するまでガード不可になるので、これをうまく利用できるようになると、少し面白くなるかもしれません。ほんの少しだけね。

総評としては、極めてクソゲーです。
ただ、格闘ゲームとしてだけ見れば、遊べないことはないです。
面白くはないですけどね。
なんというか、面白いものを作ろうという気が全く感じられなかった。
シナリオは別の意味で面白かったですけど。
個人的にはタカラトミーはジャレコより早く潰れてほしいですね。

購入は絶対にお勧めしません。
ジャンルが違うのであれですが、黄金の絆のほうがマシです。
どちらかを買わないと死ぬ病気にかかったら、そのまま死ぬか黄金の絆を買いましょう。 

評価項目点数
シナリオ7/25
グラフィック6/25
サウンド12/25
システム9/25

34/100点 

タイトル:闘真伝
機種:wii
ジャンル:剣戟アクションバトル
発売日:2009年12月10日
希望小売価格:7,140円
プレイ人数:1〜2人


公式サイト:
闘真伝
http://www.takaratomy.co.jp/products/gamesoft/catalog/toshinden/index2.html

販売元:
タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/

開発元:
DreamFactory(ドリームファクトリー)
http://www.drf.co.jp/

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する