ハドソンから謎の封筒が届いたでござるの巻

  • 2009/07/28(火) 01:35:57

ある雨の日、私が帰宅ついでに郵便受けを覗いてみると、何やらでかい封筒が入っていた。

何か買った記憶はない。
送り主を見てみると、なんとハドソンからであった。

怪しい…


サイズはサイン色紙くらい。

何かそれっぽいものに応募してたかなぁ〜

と思いつつ封筒を開けてみると…



これかよ!

体験版貰えるらしいのであんまり興味ないけどとりあえず応募してみただけなのにあたってしまうとは…
きっと応募した人が少なかったんですね…


まあ貰ってしまった以上やってみるしかないということで、とりあえずやってみました。
ちなみに前作はプレイしたことがありません。タイトルすら知りませんでした。
見てみると、何やらリモコンを傾けてタマを転がしてゴールまで運ぶゲームのようです。

まあよくある直感ゲームですね。
iPhoneでも結構同じようなのがあります。

やることはわかったので起動。
↓の動画を見ながら読んでいきましょう。むりですか。


ステージ選択画面が球状になっていてくるくる回せるようです。楽しい。
回すのに飽きたところでさっそく1ステージをプレイしてみます。

まずリモコンを持ち、右下に出てくるコンパスが水平になるよう調節します。
気をつけるのが、これ、タマを見下ろしてる位置が水平の状態。
真横から見た状態が水平なわけではないので、結構戸惑います。まあそれだと見づらすぎですけど。

ちょっとずつ傾けていくと、微妙な速度で転がっていきます。
なんか、やたら地面との摩擦があるようで、少し勢いがついても、逆方向へ傾けるとピタッと止まる。絨毯の上を転がしてる感じ。
それが結構やりづらくて、どう見てもものすごい勢いで転がるだろってくらい傾けてもあんまり速度でなかったり、出たら出たで歯止めが効かなくなってコースアウトしたり、なかなかイライラします。
傾けても突っかかるような転がり方なのがストレス溜まります。
というかこれはもうあれですね、電流イライラ棒に近いものを感じます。

水平ポジションを維持できるようになると結構簡単にクリアできたりするんですが、なんというか普通に物理演算バリバリの球ころがしにしたほうがよかったんじゃないかなーという感じ。
前作がどんなもんなのか知らないんですが、これはちょっと5000円出すには惜しいような気が…
好きな人は好きなのかもしれませんが…

あとはリモコンの水平状態を再設定できたりすると良かったかな。

というわけで残念ながら僕は購入しよう、という気にはなりませんでしたが、4人同時プレイとかWiifit対応だとかあるのでワイワイ遊ぶぶんにはそこそこいけるのかもしれません。
でも、この手のゲームは3000本もいかなそうな気がします…

ハドソンさんはiPhoneにもいち早く参入したりと新しいものに手を出すのがはやいので、これからももっといろいろ手を伸ばしてほしいですね。

■公式サイト■
コロリンパ2 アンソニーと金色ひまわりのタネ
http://www.hudson.co.jp/kororinpa/2/

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

お前の感覚がおかしいだけだろ
どうせ数分触っただけで文句言ってるんだろうな

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する